CHECK

英文契約書と一般的な契約書の違いとは?英文契約書に関する基礎知識を解説

このサイトでは、英文契約書と一般的な契約書の違いについて述べています。
英文の契約書は単なる日本語の契約書の翻訳ではなく、英米法を基礎にした契約書です。
そのため契約が有効に成立するには何らかの対価が必要など、日本法にはない英米法固有のコンセプトが見られます。
作成には、国際取引の常識を理解することが重要です。
併せて英文で書かれた契約書を作成するために必要な資格と、訂正する時の注意点もわかるようになっています。

英文契約書と一般的な契約書の違いとは?英文契約書に関する基礎知識を解説

英文契約書は英米法を基礎に書かれています。
「表明保証」など日本でも定着しているものもありますが、日本の法律にはない概念が多数あります。
そのため単純に日本語に翻訳しても、契約内容を理解することはできません。
英文契約書を作成するための固有の基礎知識として文言の明確性や、将来想定される問題や懸念について重複があったとしても明記する網羅性、トラブルが発生した時の解決法などの手続を明確に合意しておくことが挙げられます。

英文契約書は日本でも問題なく適用される?

近年増加している英文契約書ですが、日本企業でも問題なく適用されています。
国内での外資系企業も増えており、英文契約書が活用される機会は多いです。
英文では契約書の目的と、誰の立場の契約書なのかが重要となります。
日本語の契約書をそのまま直訳しても、正確な契約書にはなりません。
英語圏での言い回しや文化的な背景を考えて、適切な表現が求められます。
明確で的確であること、さらに誰が読んでも同じ意味に解釈できることが大切です。
英文契約書固有の表現もあるため、何種類もの契約書に触れて慣れておく必要もあります。
契約書では、一般的な英語で用いられる用語ではない単語を使う場合もあって注意が必要です。
自分の常識や解釈が間違っていることもあると想定して、最終チェックをすると失敗しません。
ビジネスを円滑にするためにも、わかりやすい英文の書類作成はこれからも需要が増える見通しです。
英文法だけでなく、英語圏の文化を学ぶのも推奨されます。

英文契約書を作成するのは日本人でもOK?

英文契約書を作成する場合には、誰が作成するかが非常に重要です。
英文契約書を作成することが多いのは、英語を母国語として使用している人です。
こうした人ならば自然な言葉を契約書に使用することができます。
その一方で、母国語にしていない人も英文契約書を書くことがあります。
日本人が英文契約書を作ることもありますが、日本人であってもこうした契約書を作ることは可能です。
作ることができるのは、契約書を書くために必要なことは英語の能力だからです。
十分な英作文の能力を持っている人ならば、英語を母国語として使用していなくても、正確な英文の契約書を書くことは可能です。
契約の内容をしっかりと理解することも、作る時には重要になります。
英語の能力がある日本のビジネスマンであっても、契約の内容を正しく理解していなければ、正確な契約書を書くことはできません。
必要な能力を全て持っていることが、英文の契約書を作るするためには必要なことです。

海外と取引する場合は英文契約書が必須になる?

海外と取引する場合には、英文契約書が必須になります。
英文契約書はもちろん英語で記載されている契約書ですが、それ以外にもさまざまな違いがあるので、それらをよく理解しておくことがポイントになります。
まず特徴の一つとして挙げられるのが、規定内容が細かくボリュームが大きい点です。
和文契約書であれば、規定されていない内容は協議によって決めることができますが、英文契約書は取引条件の詳細まで記載することになるので、契約書が数十ページに及ぶものもあります。
さらに英文契約書では契約書内容が重視されるので、口頭のやり取りは重視されない傾向です。
作成する際の注意点として挙げられることは、不測の事態が起きた場合でも責任が生じることがないように、契約違反や債務不履行を必ず取り決めることです。
それを行わないと、台風などで納期が遅れた場合でも責任が生じるケースがあるので注意しましょう。
他にも合意内容をもれなく記入することも大切です。

英文契約書の内容を確認するためには翻訳が必要になることもある

英文契約書の内容は契約に関わる重要な文言ばかりです。
日本語の契約書と同じく、見落としがあれば後々自分が不利になってしまうこともあります。
昨今では英文自体は翻訳サイトを使用して和文にすることも可能です。
しかし、もしもおおよその意味合いとして提供されたその文章が間違っていた場合、大きな損害やトラブルになる可能性もあるでしょう。
業界ごとに使用されている専門用語は異なり、時には難解なことも多々あります。
機械が一般的なレベルで訳するだけでは、英文契約書に書かれている本質を捉えられません。
詳細な意味が分からない英文契約書は、専門的な知識を持つ翻訳会社などに依頼することをおすすめします。
英文契約書では義務や権利、条項などの記載が行われています。
これらを理解することなく契約を進めてしまう前に、専門家によって正しい表現で日本語に直された文章が必要になるでしょう。
専門家への依頼はリスク回避のためにも役立ちます。

英文契約書に関する情報サイト
英文契約書の基礎知識

このサイトでは、英文契約書と一般的な契約書の違いについて述べています。
英文の契約書は単なる日本語の契約書の翻訳ではなく、英米法を基礎にした契約書です。
そのため契約が有効に成立するには何らかの対価が必要など、日本法にはない英米法固有のコンセプトが見られます。
作成には、国際取引の常識を理解することが重要です。
併せて英文で書かれた契約書を作成するために必要な資格と、訂正する時の注意点もわかるようになっています。

Search