CHECK

英文契約書を作成するために必要な資格とは?

英文契約書を作成するために必要な資格とは?

法務部に所属しているので、英文契約書を作成しなければならなくなったけど、難しすぎてよくわからないと困っている方がいるのではないでしょうか。
英文契約書を作成するために必要な資格は特にありませんが、専門のスクールなどで学ぶことができます。
専門のスクールに通えば、英文契約のプロフェッショナルが解読や攻略法をわかりやすく解説しているので、初心者にも安心です。
法律や英語に不慣れであっても、実務ですぐに使える知識を身につけられることができます。
他にも英文契約書の条文における解説だけでなく、その条文がなぜ必要なのかを解説してくれるので、しっかりと理解してから作成できるようになります。
契約当事者間でどのようなせめぎ合いがあったのかなども解説してくれるので、実務対応能力の向上につながります。
専門のスクールではこれらを対面授業とライブ配信授業の二つで対応しており、仕事で忙しい方にも通いやすいです。
質問コーナーも設けているので、わからないことがあれば気軽に質問することができます。

英文契約書の文言解釈をめぐる対処法について

英文契約書は海外企業との取引において必須のものとされており、外資系であれば確実に作成される契約書であるため、確実に相手に伝わるようにする必要があります。
なかでも英文契約書のトラブルで起こりやすいのが文言解釈における細かな解釈違いからくる齟齬と言えるでしょう。
最も基本的な対処法は、その意味内容を正確に把握し明記する、相手方とその意味内容を齟齬なく明確に共有しておく、という2点が重要です。
たとえば日本と海外の取引に関する法的拘束力は異なるため、ある取引に法的拘束力を持たせずにあくまで目標とする場合は、その旨を正確に契約書に明記していく必要が出てきます。
日本企業同士では書かなくてもなんとなく相手に伝わっているということがありますが、海外では確実に明記しているかどうかを重要視することを念頭に置きましょう。
特に数字的な目標に関する文言は相互の理解が一致しないことが多いため、法的なレベルまでいくのか断定できない目標値なのかをはっきりすべきです。

英文契約書に関する情報サイト
英文契約書の基礎知識

このサイトでは、英文契約書と一般的な契約書の違いについて述べています。
英文の契約書は単なる日本語の契約書の翻訳ではなく、英米法を基礎にした契約書です。
そのため契約が有効に成立するには何らかの対価が必要など、日本法にはない英米法固有のコンセプトが見られます。
作成には、国際取引の常識を理解することが重要です。
併せて英文で書かれた契約書を作成するために必要な資格と、訂正する時の注意点もわかるようになっています。

Search