CHECK

英文契約書を訂正する時の注意点とは?

英文契約書を訂正する時の注意点とは?

英文契約書では文学的な表現は必要ありません。
第三者が読んで、正しく意味が伝わっていることが重要な要素です。
紛らわしい表現を避けて、念入りに作成する必要があります。
万が一英文契約書を訂正することになった場合は、相手側に丁寧に説明して了承を得る必要があります。
その際、和製英語のニュアンスが間違っていることも考慮して正しい英語表現をするよう心掛けます。
訂正時にトラブルになった場合は、国際弁護士に依頼する方法もあります。
そうした事態を防ぐためにも、日本人の常識に頼らず英語圏の解釈をしっかり考えるようにすることが大切です。
英文契約書では、誰が読んでも同じ意味に理解できるように書きます。
明確な用語選びが基本で、飾った言葉使いをする必要はありません。
契約条項の解釈に疑問が発生しそうな場合に備えて、ベテランの翻訳家にチェックを依頼すると安心です。
外注すると経費も掛かりますが、相手の企業に失礼のないよう万全の最終チェックをするようにします。

英文契約書の署名方法について知っておくべき事柄

最近では契約書の電子サインも増えています。
従来の英文契約書で行う署名方法はサインです。
通常はByと表記のある指定の欄に、自分の名前を記入します。
英文契約書では日本のように捺印はせず、手書きで署名することがマナーです。
さらにNameと表記されている欄に、書類を書いた本人が自分の名前をローマ字で記入します。
初めに名前を書き、その後に姓を書くようにするのが良いです。
日本のように姓を最初に書くのはマナー違反となります。
そしてTitleと記されている欄に、英語で役職名を英語で記入するのが一般的です。
役職名の英語表記は念のため、確認してから書くと間違えません。
和製英語のニュアンスと異なる場合もあるので、注意が必要です。
最後にDateと表記されている場所に、署名した月日を記入します。
間違えた場合は、日本のように二重線で書き直したりせずもう一度最初からやり直すのがお勧めです。
仕上がったら、第三者に確認してもらうと確実です。

英文契約書に関する情報サイト
英文契約書の基礎知識

このサイトでは、英文契約書と一般的な契約書の違いについて述べています。
英文の契約書は単なる日本語の契約書の翻訳ではなく、英米法を基礎にした契約書です。
そのため契約が有効に成立するには何らかの対価が必要など、日本法にはない英米法固有のコンセプトが見られます。
作成には、国際取引の常識を理解することが重要です。
併せて英文で書かれた契約書を作成するために必要な資格と、訂正する時の注意点もわかるようになっています。

Search